Alexander Technique

What is the Alexander Technique?

The Alexander Technique is a self-help method that enables us to use our body in harmony with our mind, which was developed by F. M. Alexander (1869-1955) who was an actor born in Tasmania.

We are designed to function as a whole. However, as we grow up, we tend to gain habitual patterns that could interfere the unity between our body and mind. This disintegration often brings us pain/ tension/ mental stress/ etc. If we recognize these interfering patterns and stop reacting with them, we will be able to choose lighter/ freer/ easier ways with more balanced coordination.

The technique can be applied to various activities from simple everyday movements to complex performances.

* Links to know more about the Alexander Technique
Society of Teachers of the Alexander Technique (STAT)
https://alexandertechnique.co.uk/
Nederlandse Vereniging van Leraren in de Alexander Techniek (NeVLAT)
https://alexandertechniek.nl/

・・・・・・・

アレクサンダー・テクニークについて

よりバランスのとれた身体の使い方を可能にする方法で、タスマニア出身の俳優、F.M.アレクサンダー(1869-1955)により始められました。

本来、心と身体は分けられるものではなく、全体が一つとして働くように作られています。けれども、様々な理由からいつの間にか身についた身体の使い方や考え方の習慣が、この調和を妨げ、全体性を欠いた結果が、痛み・疲労・緊張・ストレス等として現れることがあります。

いつものやり方を見直してみること。習慣的な反応に気づいたら、それを手放してみること。そうすることにより、心と身体が一つに調和した、本来の力が最大限に生きる使い方を、改めて選択しなおすことが出来るようになります。

テクニークは、日常生活からパフォーマンスまで、あらゆる場面での応用が可能です。より楽で、軽く、自由なやり方が、新たな選択肢となります。