Alexander Technique

What is the Alexander Technique?

The Alexander Technique is a method of re-education for using ourselves as a body-mind unity, which was developed by F. M. Alexander (1869-1955) who was an actor bone in Tasmania.

We are made to function as a whole, however our habitual pattern could interfere this unity, and may bring us pain/ tension/ mental stress/ etc. If we recognize this habitual pattern to stop reacting to it and follow the present moment, we will be able to choose lighter/ freer/ easier ways to use ourselves as a harmonized whole being.

The technique can be applied to various activities from simple everyday movements to complex performances.

 

アレクサンダー・テクニークとは

心と身体の使い方を再教育する方法で、タスマニア出身の俳優、F.M.アレクサンダー(1869-1955)により始められました。

本来、心と身体は分けられるものではなく、全体が一つに調和して働くように作られています。けれども、様々な理由からいつの間にか身についた、身体の使い方や考え方の習慣が、この調和を妨げ、全体性を欠いた結果が、痛み・疲労・緊張・ストレス等として現れることがあります。

いつものやり方を見直してみること。習慣的な反応に気づいたら、それを手放してみること。そして、今ここに寄り添うこと。そうすることにより、心と身体が一つに調和した、本来の力が最大限に生きる使い方を、改めて選択しなおすことが出来るようになります。

テクニークは、日常生活からパフォーマンスまで、あらゆる場面での応用が可能です。より楽で、軽く、自由なやり方が、新たな選択肢となります。

Advertisements